雷神の門 大運動会
> 第1章 > 鉢形城下のめ組
鉢形城下のめ組
はしいろ☆まんぢう作品  

 松井田城が落ちてからというもの、前田、上杉、真田の北国軍はその周辺の小田原支城を次々と陥落させていく。もともとこのあたりにある城は地理的に国境付近に位置しているため、武田、上杉、北条等の勢力争いの時代から絶えず時の情勢に影響されながら生きるしかない宿命を担っている。北条攻めのこの時は、たまたま北条勢力下にあったというだけで、織田信長の絶頂期には傘下の滝川一益の支配下にあったし、それ以前は武田と上杉の間を行ったり来たり、おのずと支配者に対する忠義心も薄くなり、世の中が豊臣の時代になったといえば、家の命運を賭けてまで北条に組しようとする者は稀だったと言ってよい。
 道案内を買って出た大道寺政繁を得た北国軍は、厩橋城(前橋城)、箕輪城と、大きな戦いもせず開城勧告などだけで難なく落とす。
 ところが秀吉にしてみればそれがどうも気に入らない。
 「もっと派手に戦って、豊臣に逆らえばどうなるか、天下に思い知らせてやれ!」
 と言うのである。現に秀吉本陣の豊臣秀次を総大将とした七万の部隊は三河国山中城を攻撃し、織田信雄を総大将とした四万の部隊は伊豆国韮山城を攻め、北条側に甚大な被害をこうむらせている。
 「遅い!」
 と、やきもきする秀吉は、ついに武蔵国、上野国などの各方面へ援軍部隊を派兵した。そうして上野方面にやって来た浅野長政、木村重茲と徳川四天王の一人本田忠勝らは、幸村たちのいる北国軍が攻めようとしていた岩槻城を先に攻撃し、千名余の犠牲者を出させて瞬く間に落城させると、そのまま北国軍と合流して次なる鉢形城へと向かった。豊臣軍の進撃はまさに破竹の勢いで、その背景には、各支城の兵力のほとんどが籠城戦のため小田原城に集結していたことが挙げられる。
 こうして各方面へ武力行使の檄を飛ばす当の本人秀吉はといえば、小田原城を眼下に一望できる笠懸山(石垣山)に陣を敷き、新たな城を築きはじめた。海からは長宗我部元親、宇喜多秀家、九鬼嘉隆らの兵糧輸送を兼ねた水軍を出動させて、完全に小田原城を包囲する格好になった。そして世に言う一夜城のパフォーマンスを披露したかと思えば、大坂から側室の茶々や茶人千利休を呼び付けて、茶会や能楽を開いて余裕綽々のふうを見せつけ、
 「我こそ天下人じゃ!」
 といった強烈なアピールを下々の庶民にひけらかすのだ。
 次々と支城陥落の知らせがもたらされる小田原では、
 「やられっぱなしじゃねえか。猪助さんよ、こんなんで本当に北条は勝てるのか?」
 と、小太郎が鼻をほじりながら言う。痛めた舌もだいぶ良くなり、言葉もはっきり発音できるまで回復している。おまけに風魔党二番頭に向かって上から目線で「猪助さん」と呼ぶようになったのは甚だ無礼で、
 「貴様なに様だ! 小田原は籠城の城じゃ、心配するな」
 と、内心穏やかでない猪助は怒った。
 「早く動かぬと真田昌幸が小田原まで来てしまうぞ」
 「うるさい分かっとる! 準備は進んでいる。鉢形へ行くぞ」
 「鉢形? そこでやるか?」
 「あそこは″め組≠フ管轄だ。″い組≠フ手の空いた連中を引き連れて行けば三、四十名くらいになる。そこで例の作戦で一気に片を付けてしまおう」
 「ならば八王子を通るな。すぐに出るのか?」
 「無論」
 「ではわしは別で行く」
 と言って小太郎は猪助の前に手を差し出した。
 「なんじゃ?」
 「印籠じゃ。ほれ、八王子城に百合という侍女がいただろう。親の形見だと言っておったアレじゃ。大事な物のようなのでわしは別行動であの女に返してから鉢形へ向かうことにする」
 と惚けつつ、猪助の目を盗んでは屯所を抜け出し、たまに菖蒲に会っている。それを猪助は、彼が二度と帰らぬ覚悟でいるのだと勘違いした。
 「屁理屈ばかり言うくせに意外に律儀なところがあるの」
 と、感心した様子で用土家家紋の入った印籠を返した。謀や欺が日常の忍びの世界に棲むくせに、こうした義理堅い行為が好きな男なのだ。
 「鉢形に着いたらどこに行けばよい?」
 「城下町に『恵』と言う名の髪結いの店がある。そこが″め組≠フ拠点だ」
 「髪結い?」
 小太郎は変わった職業に首を傾げた。それに、「″め組≠ニ『恵』を掛けるとは風魔にしては洒落てるじゃないか」と付け加えた。
 「組頭の名をお恵さんと言うんだよ。風魔きってのくノ一だ」
 「女組頭か! 美人か?」
 「そりゃぁもう! 八十過ぎの梅干し婆さんだがな」
 小太郎のがっかりした様子に猪助は腹を抱えて笑った。
 「急に行く気が失せたわ。そんな婆さんをよく頭なんぞに据えておくのう。風魔の実力が知れる」
 「あなどると痛い目に合うぞ。お恵さんは幻術の使い手だ」
 「幻術……?」と小太郎は鼻で笑った。彼は幻術など信じていない。昔父からそういうものがあるという話は聞いたことがあるが、そのやり方を教えてくれる者など身の周りに一人もなかった。そのはずである、誰もできないのだ。それでも噂話をかき集め、「もしや」と思ってひと月ほど山に籠ったこともあるが、修行の途中で大きな蜂に刺されてげんなりと山を逃げ降りた。
 「それに」と猪助は続けた。
 「占いができる。なんでも蒙古に伝わる暦から占うらしいが、過去も未来も十中八九当ててしまう。なんでもチンギス・ハーンの世界征服の陰にはその占いができる占星術師がおったらしくての、どこで覚えたか知らぬが婆さんの十八番なのさ」
 これまた小太郎は鼻で笑い、
 「そりゃいいわい。さっそく着いたら風魔が甲賀に勝てるか占ってもらおう」
 と聞き流して二人は別れたのである。
 小太郎は単独行動で八王子城の御主殿の滝に行くと、いつかも使った超音波を発する“呼び笛”を吹いた。会いに来たことを知らせるのに何か良い手はないかと菖蒲と話した時にこの手段を思い付き、吹いてみれば彼女にもかすかだが「聞こえる」と言う。「ではこの滝でこれを吹くゆえ聞けたらわしが来た印じゃ」と、以来それが二人の間の約束事になった。
 半時もすると菖蒲が姿を現して、
 「今日はなんじゃ?」
 とぶっきらぼうに言った。
 「いよいよ風魔が動くぞ。これを返しに来た」
 と例の印籠を手渡すと、つい先ほど聞いた鉢形城下で真田昌幸を狙うことから、風魔は三、四十名の騎馬を使った戦法をとることや、鉢形城下町には幻術使いのくノ一がいることなど、猪助から得た情報を包み隠さず伝えるのだった。そしてひと通りの話しが済むと、なにかをねだるように菖蒲の顔をじっと見つめた。二人の間での暗黙の了解で、話の内容が有益な情報であれば菖蒲が小太郎に接吻するのである。
 「仕方がないのう、褒美じゃ。目をつむれ」
 と、菖蒲は自分の唇を小太郎のそれに重ねた。小太郎はまさに飼い馴らされた犬である。
 「今日のはもうちと価値があると思うが……」
 「仕方がないのう──」
 と、も一度菖蒲が唇を合わせると、小太郎は無意識のうちに菖蒲の襟もとから手を滑り込ませ、その柔らかい胸を揉み始めた。
 菖蒲は小太郎の股間を蹴りつけた。小太郎は犬のような悲鳴を挙げる。
 「調子に乗るな!」
 うずくまる彼を置いて、菖蒲は御主殿へと帰って行った。

 さて、こうして鉢形城下に到着した小太郎は、さっそく『恵』という髪結いの店を探した。
 鉢形城はその築城年代は定かでないが、文化、文政年間(一八〇四〜一八二九)に編纂された武蔵国の地誌『新編武蔵風土記稿』には、平安中期すでに平将門が館を築き、源経基がこの城にたむろして攻撃したという記述がある。いずれにせよその歴史は古い。後北条氏のこの時代は、上杉と北条と武田との勢力争いの中で周辺支城の中心として防衛の要としての役割を担ってきた。そんなことから城下町は、鉄砲小路や鍛冶小路などの地名が後に残るほどの軍需産業の町であり、今は北条氏邦の居城である。このときほとんどの支城の城主は小田原城に集結していたが、氏邦は「こたびの戦いは大規模な野戦をすべき」と強く主張し、小田原籠城戦を主張する者達と対立して鉢形城で敵を迎え撃つ覚悟を決めていた。
 軍需の町には男の職人が多く集まる。おのずと色町も形成されていく。この当時の髪結いの仕事といえば主に女郎を相手にした女髪結いで、たいてい女郎小屋が隣立する色町あたりに店を構え、『廻り髪結い』といって客に呼ばれると道具を持ってその小屋に出張し、女郎の希望に合わせて髪を結ったり、化粧や着付け、その他諸々の容姿全般に関わるサービスを提供した。なるほどそのような場所にはゲスな噂話から特殊機密までくそみそ一緒の様々な情報が集まるわけで、「うまいことを考えたな」と小太郎は感心しながらようやく見つけた店の暖簾をくぐった。
 中に入ると臭いほどの香の薫りが立ち込めており、一瞬彼は顔をしかめた。しかし暫くするとその匂いは心地よいものに変わり、急に気分が優れてくるのを感じた。
 「頼もう! 誰かおらぬか?」
 小太郎が声を挙げると、中から三十路前後の美しい女が現れ、彼はその美しさに目を見張った。
 「ここにお恵さんという婆さんがいるはずだが、知らんか?」
 「伊賀の甲山小太郎様ですね。猪助さんから聞いております。わたくしがその恵でございます」
 「ウソを申すな。猪助から八〇過ぎの梅干し婆さんと聞いておる」
 「まっ、御冗談を。確かに今年三十路を迎え、とっくに娘盛りは過ぎましたが、八十の老婆とは猪助さんも御冗談が過ぎますねぇ」
 と上品に笑う。容姿も美しければその笑い声まで美しい。小太郎はうっとりとその女に見惚れ、「さては猪助め、わしを驚かせようと嘘を言ったな?」と合点して、恵に誘われるまま店の部屋に上がり込んだ。
 「ときに、猪助はどこじゃ?」
 「あら、大組頭である猪助さんをつかまえて呼び捨ては良くありませんわ」
 小太郎はいつしか彼を呼び捨てにしている自分に初めて気づく。
 「わしは伊賀者じゃ。どうも風魔の習いには馴染めぬ。悪意はない、許せ」
 恵は微笑むと「こちらに着いてすぐにどこかへ行きました。お帰りはいつになるか分かりません。小太郎様が来ましたらここで待つよう仰せつかっております」
 小太郎は「では暫く寝かせてもらう」と、部屋の真ん中にごろりと寝ころんだ。
 「することがないのならお髭でも剃りましょうか?」と恵が言った。髪結いは客が男であれば髭も剃ったし耳も掻く。小太郎は口の周りに手を当てて無精髭が伸びていることを気にした。
 「髪結いの専門家に髭を剃ってもらったことなどないが折角じゃ、ひとつお願いしよう」
 とその言葉に甘えることにした。
 すると恵は彼の頭の脇に寄って正座をすると、太腿をポン、ポンと二度ほど叩いた。ここに頭を乗せろと言っている。小太郎は言われるまま少し照れくさそうにその膝枕で横たわると、恵は湿った布を顔にかぶせ、道具箱からきらりと光る剃刀を手に取った。刃物に敏感な小太郎は、一瞬敵意に似た殺気を感じたが、ジョリジョリと剃刀が頬を走り出すと、やがて心地よさにうっとりとして目を閉じた。それが終わると、
 「お耳もついでに掻いておきますね」
 と、恵は道具箱から耳かきを取り出し耳を掃除しはじめる。
 「小太郎様はおいくつになりますの?」
 恵が怪しげな艶のある声で聞いた。
 「今年二十二になる」
 「お若いですのね──」と、恵の体から漂ってくる甘い香りが妙に気になる。小太郎は男と女のまずい空気を感じながら、胸がドキドキしてくるのを覚えた。
 するとあろうことか、耳搔きの手が止まったと思うと、恵の右手は小太郎の手を掴み、自分の襟もとにそっと忍び込ませると、ぐいっと押し当てて溜息だか吐息だか分からない妖艶な声を挙げた。小太郎はゾクっと驚いて、ここに来る前に立ち寄った菖蒲の柔らかな乳房を思い出すと、急に罪悪感に駆られて手を引っ込めた。
 「ウブね……」
 と、恵は目を細めて微笑むと、今度はその右手を小太郎の臍と袴の間から股間に伸ばし、その大きくなった生殖器を優しくさすりはじめた。小太郎は何が何だか分からないままその心地よさの中に飲まれていったが、突然脳裏に菖蒲の顔が目覚めると、
 「やめよ!」
 と飛び起き、
 「困る! わしには心に決めたおなごがおる!」
 と叫び、快楽に麻痺した思考を呼び覚まそうと、恵の道具箱の中から先の尖った道具を掴み取り、夢中で自分の肘の内側に突き刺した。
 これは“目覚ましの術”である。脳が何らかの理由で働かなくなった際に、自分を正気に立ち戻らせるための術であるが、一般的には眠気を覚ます時にごく普通に使う。が、場合によって、例えば相手の話術に乗せられて正しい判断が付きかねたり、欲望の虜になって己を忘れたとき、あるいは特殊な場面としては催眠術にかかって我を失ってしまったりした時に役立つ。人間の肘の内側には痛点が集中しており、そこに強い刺激を与えると激しい痛みを感じ、自分を取り戻すことができるのだ。効果的な場所としては肘の内側のほか膝の裏側や首の回りもそうだが、最も利き手でやりやすい箇所が左肘の内側なのである。そのほか鼻や人中や唇と言う者もあるが、これは後で傷が残る心配があるのでそこに刺す者はほとんどない。
 その激痛の電撃が身体中に走った瞬間、小太郎は我に目覚めて驚愕した。そこには背の曲がったヨボヨボした老婆が一人、左手に耳搔きを握って座っているではないか。
 「なんじゃ、小太郎さんには好いたおなごがおるのか?」
 とその老婆は続けていたが、小太郎は唖然としたままその皺で潰れた顔を凝視した。
 「いったいどういう訳じゃ? あんた、本当に恵さんなのか?」
 「いかにも──」と、突然今にも死にそうな笑い声を挙げながら「術が解けてしまったか」と苦しそうに笑い転げた。
 実は小太郎がこの店に入った瞬間から恵の幻術にかかっていたのだ。あの異様な香の薫りがそれだった。香の中に強い麻薬性のある植物のエキスが混ざっているのであろう。その香りを嗅ぐと脳を麻痺させる効果を生むらしい。どうやら風魔には、人の意識を朦朧とさせ、幻影を見させるいわゆる幻術が本当に存在するようだ。小太郎は狐につままれたように次の言葉を失った。
 「猪助さんがの、『幻術を馬鹿にしていたから挨拶代わりに見せてやれ』と申してな。しかしよくこの術から逃れたものじゃ。長い間生きとるがお前で二人目だ。もう一人は甲賀の──なんと申したかの?」
 「飛猿か?」
 「そうじゃ、猿じゃ。赤い顔をしておった」
 小太郎は心の中で「あの赤猿め!」と思った。